2018ナイキサッカースパイクの通販情報

ナイキは米国オレゴン州ポートランドに本社を置きます。 1972年、正式に設立された、その前身は、現在のナイキのフィル・ナイト社長が資金を提供しているブルー・リボン・スポーツ社でした。ナイキ会社は衣類、履物、スポーツ用品など、すべてが含まれています。

ナイキのロゴはスピードを表すギリシャ神話の勝利の女神の羽を象徴していますが、動きと優しさも表しています。 ナイキの商標ロゴは、ナイキスポーツ用品を使用した後に発生するスピードと爆発力を人々が考えて見て、シンプルでパワフルで、稲妻に熱心にモデルを作り、小さなフックです。

主なテクノロジー

ワッフルソール

焼き菓子のワッフルからヒントを得て開発されたソールパターンで、独特のパターンはクッショニングやグリップに優れておりアスファルトやダートなど様々な路面状況に対応できます。初期プロダクツには「ワッフル」の名を冠するオレゴンワッフル・ワッフルトレーナー・ワッフルレーサーなどがあります。他にもLD-1000・LD-V・エリートなど当時のフラグシップモデルに多数採用されていました。


AIR(エア)

衝撃を吸収するためのミッドソールの中に仕込んだエアバッグのことでした。1978年に発表された、発案者は元NASAの技術開発者フランク・ルディです。特許取得番号は4219945、受託人はロバート・ボガードで、クッション性を確保するためのエアバッグはビニールパックの内部にガスを充填したもので、搭載位置は試行錯誤の末、ミッドソールの中に仕込むという方法を発明し、ここに完成しました。 もともとは6フッ化硫黄が充填素材として用いられていたが、環境保護の問題や耐久性の観点から2001年頃から充填素材として窒素ガスが使用されるようになりました。 ナイキにおける初搭載モデルはメンズシューズはテイルウインドであり、レディースはテンペストです。


Lunarlon(ルナロン)

内側のコア部分に柔らかいフォームを使用し、外側のブリッジ部分には硬いフォームを使用した2層構造にすることで高いクッション性、高弾性、履き心地を実現しています。

サッカースパイク分類

マジスタ

特殊の糸で編み上げたフライニットを、ナイキのサッカースパイクとしては初めて採用した新しいモデルですアンドレス・イニエスタ、セルヒオ・ブスケツ、マリオ・ゲッツェなど攻撃の組み立てが優れた選手達が着用しています。


マーキュリアル

クリスティアーノ・ロナウド、ネイマール、トッププレーヤーが着用しています。爆発的なスピード重視の選手向けに作られたシューズで、アッパーにマジスタ同様、フライニットを搭載して、また、フライワイヤーで抜群の軽量性とホールド感を実現しています。


ハイパーヴェノム

ナイキの中で、ポピュラーな種類として展開してきたTOTAL 90に代わる新シリーズとして2013年に登場しました。相手に恐怖感を与えるような俊敏性と正確、ホールド性を兼ね備えたサッカースパイクです。主にロベルト・レヴァンドフスキ、エディンソン・カバーニ、ハリー・ケインらが着用しています。


ティエンポ

ボールタッチを重視したカンガルーレザー使用のサッカスパイクです。アンドレア・ピルロ、ジェローム・ボアテング、ジェラール・ピケ、そしてカルロス・テベスなどが着用しています。

2018ワールドカップのナイキ

2018年ワールドカップの前に、すでに2018年ワールドカップの主要ブランドを知っていました。ナイキ最も目標を持つサッカースパイクグランドです。フットボールブーツDBの分析データによると、ナイキは465人(63.4%)、アディダスは196人(26.7%)にサッカースパイクを提供します。

これまでのところ、ワールドカップの最初の18試合には39ゴールがあって、 彼らの19人はNikeのマーキュリアルスーパーフライ、ヴェイパ 360サッカースパイクを着用したプレーヤーによって採点されました。 ナイキ選手(64.1%)は25ゴールを獲得した、アディダスは9ゴール(23%)で2位、ハマーは4ゴールで10位(3位)になりました。ナイキマーキュリアルで得点した選手は、クリスティアーノ・ロナウド(4ゴール)、デニス・チェリシェフ(3ゴール)、ヒルヴィング・ロザノ、ユースフ・ポールセンなどがあります。

2018代表選手の着用サッカースパイク

日本代表

トップは日本代表のサプライヤーでもあるアディダスです。そのなかでも最新のスプリントスパイク『エックス 18』が着用選手4名で一番多かった。2位はNike。「マーキュリアル」が4名で最多だが、原口元気のみ旧モデルの「ヴェイパー 11」、長友佑都が「スーパーフライ 6 エリート 」、遠藤航が「ティエンポ レジェンド 7」が選択しました。

長友佑都(DF/ガラタサライ)ナイキ マーキュリアルスーパーフライ 6 エリート FG Just Do It

ナイキ マーキュリアルスーパーフライ 6 エリート FG Just Do It

遠藤航(DF/浦和レッズ)ナイキ ティエンポ レジェンド 7 FG Just Do It

ナイキ ティエンポ レジェンド 7 FG Just Do It


ロシア代表

ユーリ・ガジンスキー(MF/クラスノダール)ナイキハイパーヴェノム ファントム III エリート FG Just Do It

ナイキハイパーヴェノム ファントム III エリート FG Just Do It


ワールドカップ開幕戦の前に、人々はワールドカップの最初のゴールを決める人を推測していました。23日に行われた試合で、「議論の余地がある人物」に選ばれたガジンスキーは、ヘッズでサウジアラビアのゴールを決めるとは誰も考えなかったでした。もちろん、ワールドカップの第1ゴールとして、ナイキハイパーヴェノム ファントム III エリート「Just Do It」の足元でのブーツも脚光を浴びています。


スペイン代表

イアゴ・アスパス(FW/セルタ)ナイキ マジスタオブラ II FG Just Do It

ナイキ マジスタオブラ II FG Just Do It

最後の停止時間では、イコライザーボールを得点することはすでに称賛されており、彼はほぼジャグリングヒールを使用して相手のゴールを打ち破っている。すべてのプレーヤーにとって価値のあるイベントです。イアゴ・アスパスは、このようにチームを助けてワールドカップの最高の目標に影響を与えただけでなく、ナイキ マジスタオブラ II 「Just Do」に首位をつかんました。